1カラムタイプのランディングページの予算と特徴

ランディングページの予算は、シンプルな1カラムのものならば、出費を抑えつつ積極的にユーザーにアプローチすることが可能です。
通常、ウェブサイトと作るには2カラム、3カラムの横割りされたデザインが一般的ですが、ランディングページは逆です。
どうしてなのか、考えてみましょう。
ウェブサイトを作る際には、その目的や扱うサービス、ジャンルなどなどを総合的に考え、それに相応しいレイアウトを決めていくことが大切です。
例えば、ポータルサイトでは多彩な情報を判りやすくユーザーに提供し、目的のページにすぐにアクセスできるようにユーザービリティも高める必要があります。
逆に、テキストを主体とした読み物系のページでは、ユーザーの気が散らないようにシンプルなレイアウトにすることも多いです。
では、ランディングページではどうかと言うと、ユーザーを逃さず、集中してコンテンツを読み進めてもらう必要がある為、それに適したレイアウトが欠かせません。
通常のトップページやコンテンツページでは、3カラムや2カラムが一般的になっています。
こう言った多数カラムのページでは、ナビゲーションを作ったり、おすすめ情報をサイドに配置したり、キャンペーンやお問合わせについてなども、見せやすい位置にレイアウトできます。
ユーザーが自由に、そしてストレス無く好ましい情報を読み、見つけるには、こう言ったレイアウトは非常に役に立つ武器となります。
しかし、ランディングページではどうかと言うと、折角、ここまで誘導したユーザーが、他の情報に目を奪われたり、望ましくないボタンを押して離脱してしまうという事は避けたいものです。
この為、ランディングページでは1カラムにして、出来るだけサービスや製品の提案以外の情報はシャットアウトすることも大切となります。
1カラムだけのデザインは、ナビゲーションをデザインしたり、プラグインやプログラムを設置して色々な機能を組み込む必要性も薄いので、制作はシンプルです。
この為、余分な費用は浮かせて、じっくりとコンバージョン率を高め、品質を向上させるために資金を回すことも選択肢です。
具体的な予算はページの規模や扱うサービス、製品のジャンル等によって変わりますが、具体的には5万円程度から15万程度が一般的と言えるでしょう。
ランディングページ制作をお願いしてみるで、予算を問い合わせてみるのもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です