ランディングページを1万円で作るのに必要なこと

ランディングページを活用して販促を行っていくためにはある程度の予算を準備しなければなりません。制作会社にランディングページを作り上げてもらうためには一般的には10万円以上はかかることになります。しかし、そのような大きな予算は準備できないという場合もあり、特にベンチャー企業や中小企業のように資金面で苦労している状況でそれだけの予算を費やし、コンバージョンが悪かったら元も子もないということになってしまいます。このような場合にしばしば目を向けられるのが低予算でできるランディングページの制作であり、1万円の予算でも制作することは不可能ではありません。

わずか1万円でランディングページの制作を依頼するためには基本的にはHTMLへの実装以外の全てを自前で行う必要があります。ランディングページ制作に関する企画を立ててデザインを行い、必要な原稿の作成や写真撮影、イラストの描画などを行ってレイアウトをしていくところまでは終えなければなりません。これを安価にコーディングを行っている業者やフリーエンジニアに依頼して実装してもらうだけなら1万円でも外部に任せることが可能です。あるいは基本的なワイヤーフレームができていて、それに原稿や写真、イラストなどを当てはめてもらうだけというサービスでも1万円で行ってもらえます。このように基本的にはほぼ全てを自前で行わなければならないという覚悟が必要です。

効率的に売れるLPを作りたいと思ったら、通常はやはり1万円では厳しいと考えるのが妥当です。ただエンジニアが足りないという状況があるだけで、もともとマーケティングやデザインを主な事業としている企業でなければ実現が難しいからです。1万円でランディングページを制作してもらったけれどコンバージョンが全然上がらなくてやっぱり役に立たなかったという結論に達してしまうリスクがあります。その点も考慮してある程度の予算は準備して効果の上がるランディングページを制作してもらうことが重要です。どこまでなら社内で準備できるかを考えて、できない部分だけを外部に任せるというのが費用の削減には役立ちます。しかし、もし内部で準備をするのが難しいというのなら、企画から実装まで全て行ってくれる業者に三十万円前後はかけて依頼するのが成功につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です