ランディングページは2カラムが良いとは

ランディングページは最初に訪問者が訪れるページのことを言い略してLPとも呼ばれています。ホームページのことではなくそれぞれの目的を持った人が最初たどり着くページのことで一定しているわけではありません。
しかしこのページはネットを利用して反応率や売り上げをあげるには最重要要素であり適切な使い方をすることが大切です。アクセス解析ツールとも関係しこの言葉が使われています。
検索エンジンを経由してこのページへ流入するケースも多いものでもし長期に亘って上位をキープできればSEO対策としても望ましい集客を行えることになります。
ユーザーはランディングページで問い合わせを行ったり注文することができ、売り上げアップにつながります。見学会とかイベントに参加する申し込みができる、あるいは試供品が得られたり無料体験版を得たりできます。求人募集の場合には人材を確保することが出来ます。
ランディングページの特徴はそのようなところから情報量が多くなり縦長のページになる傾向があります。このページでは集客から問い合わせ、顧客の獲得まで一連の誘導が行えるようになっています。
問い合わせや注文に応えられるように他のページへのリンクは少なくなっています。従って他のページへのつながりを絶ってしまうことで反応率のみに効果を持つように作られています。
ホームページの場合は上部のメニューやサイドメニューなど設置することが定型化されているものですがランディングページの場合にはデザインに制限はありません。
このページは訪問者にアピールできるために派手なデザインにしている場合が多いものです。テキストよりも画像が活用されることも多くユーザーに情報を正しく読み取ってもらいたい場合には漫画が使われる場合もあります。
誘導されるページにはリスティング広告が配置されることが多いものです。
構成として1カラムと2カラムで作られる場合がありこれは業種によって分かれるようです。
1カラムが良い例としては化粧品などの美容アイテムがあり、情報商材やアフィリエイトを行う場合にもよくとられるようです。
2カラムの方が良いとされる業種には資格商売やパソコンの修理サービス、不動産のポータルサイトや求人サイトなどが向いているとされています。この2種類のレイアウトで重要な点は使いやすいものであることがあげられます。
ランディングページを作るわけは特定のユーザーに最適化し易いとかページを飛ばすことが少なく費用が安いことがあげられます。
ユーザーのニーズに応えページを最適化させるには商品やサービスの特性、目的に応じて変えることが必要です。
製作会社にこのページを依頼するには会社によって10万円から60万円と開きがあります。予算をかけない場合は顧客の獲得に結び付かないことも多いとされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です