ランディングページにおける3秒ルール

ランディングページは、検索サイトなどに登録し、そこからやってくる人が最初に訪れる専用のページのことです。特にリスティング広告などにおいては、その検索キーワードをもとに人がやってくるのでランディングページの良し悪しがその後の行動に大きく影響するとされています。

その一方でランディングページを含めてホームページを訪れた人の多くが3秒で判断すると言われています。つまり検索結果で出てきたものの内容がマッチングする内容でなかったり、また見づらいといった場合においては3秒で去ってしまうというものです。このため最初のインパクトが大事であり、ランディングページもそれに沿って作る必要があります。もちろん、最初の3秒を上手くクリアしても内容が良くなければ去っていくので、全体的な作り込みも重要です。

ランディングページの3秒ルールから脱出するためには、文章を読みやすくすることです。フォントサイズもある程度大きくして読みやすくし、長い文章を避け簡潔にまとめる必要があります。もちろん、良い点ばかりでなく悪い点といった中立的な情報を提供することで、相手の購買意欲を高めることができます。ただあまりにも短すぎる文章では相手に伝わりにくいですし、フォントサイズも大きくし過ぎるとかえって見えづらくなります。また写真も大きすぎると写真のインパクトが強くなり、文章の印象を薄くしてしまうこともあります。ただ見た目を重視するような商品、例えば美容や健康といったものでは写真を多めに配置するのも手段です。

一方で動画を組み込むといったことも行われるようになっていますが、動画はプレイボタンを押さなければ再生されませんし、自動で再生されると返ってユーザーを離す結果にもなりかねないので注意が必要です。動画はさらに良く知りたいといった場合にのみ用意しておくのがポイントですが、動画も3秒ルール同様、相手にとって必要な内容や見やすいものでなければ、返って逆効果になる場合があります。

3秒ルールに適したランディングページを作るポイントとしては、既存のランディングページを研究する必要があります。多くの場合にはアクセス分析やその後のアクションを見てその成果を見ることになりますが、どのようなデザインがより効果が高くでるのかは実際にやってみるしかありません。このためランディングページを1つ作るのではなく複数作り、競争させてみて効果の高いものに淘汰させていくことでより効果的な成果を得ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です