ランディングページの作り方はコツを掴めば簡単

インターネットでビジネスをする場合、ランディングページは重要なツールになります。ランディングページがなければ本来振り向いてくれるお客さんすら逃してしまうかもしれません。裏を返せば、ランディングページがあることによって、たくさんのお客さんを集めることができ、結果的にプログラムホームページを製作して集客をして意味が出てきます。ただ、素人からすれば、作り方が分からないため、作業がそこで止まってしまう可能性もあります。そこでランディングページの作り方を学んでおく必要があるでしょう。実は作り方はそれほど難しくはなく、簡単にできます。
ランディングページを作るにあたって必要なことの一つがターゲットを明確にすることです。その商売を始めるにあたって、どのようなお客さんをターゲットにするかを明確にすることができれば、あとはそれを文章化すればよいだけです。仕組みとしては非常に簡単ですが、文章化する時の注意点としては、読んでいる人がメリットを感じるような文章を書くことです。その点が意識できないと、ひとり語りのようになってしまい、読んだ人の心を動かすことができません。読んだ人の心を動かすことができなければ、予定よりもお客さんが申し込みをせず、成約率が低くなってしまうでしょう。
読みやすいページを作ることも重要になります。見やすいページを作るためには、派手なページやわかりにくいページではなく、お客さんが欲しがっている内容をお客さんが一発で見つけることができるような配置にすることが大事です。ランディングページを見る方も忙しい時間の中で情報選択していきますので、わずか数秒の間に必要な情報がないと判断した場合は、そのページを閉じてしまうでしょう。裏を返せば、必要な情報がわずか1秒程度で探せるランディングページであれば、及第点になります。予算としては、自分で作るとなれば3万円程度で作ることも可能になります。画像などは無料素材を使えばいいからです。また、ページを作成するツールも1万円から2万円程度で手に入れることが出来ます。ドメイン代やサーバーレンタル費用などを含めると3万円ぐらいの予算に収まるでしょう。一方、業者に依頼する場合には、安いところで5万円程度、高いところだと20万円ぐらいするところもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です