ランディングページをliveで制作依頼する場合の注意点

ランディングページの制作にliveという製品を利用すると、ワープロソフト等を扱う様に使う事が出来、文字だけでは無く背景等をアニメーション等の、エフェクト効果を施す事が出来ます。それらの機能を利用すれば、販売したい商品に合った物にする事が出来るでしょう。ツールはliveを利用する事を前提にすると、まずはランディングページのページ表示にかかる時間の問題等が、解決しているのはメリットと言えます。また、購入ボタンを固定表示出来るだけでは無く、購入ボタンへ辿り付く前の、期間限定キャンペーン実施中等の販売促進コンテンツを表示させる機能も備えています。liveでは、ユーザーへのアピールや疑問等の解消の為に必要な、文章コンテンツに使用する書体が豊富にあり、適切な書体を選べば雰囲気作りにも一役買うでしょう。またそれだけに留まらず、SEO対策にもなります。では、写真等の画像コンテンツ制作機能はどうかと言えば、それ程苦労する事無く扱えるでしょう。これまで、Webマーケティング業界では、三種の神器と言われたソフトウェアの一つを、高度なスキルで編集して成果物を生み出すというのが常識でした。しかしliveであれば、初心者でも扱えます。
さて、ランディングページをliveで制作する事を前提にしたとして、業者に依頼する場合は、適切な予算を吟味する必要があります。どの様な規模の企業であっても、コストは抑えたいという方針には違い無いでしょう。しかし相場から考えて、余りも高ければ躊躇してしまいがちですし、高額の出費は控えたいという企業も多いでしょう。とは言え余りにも安すぎると、コンバージョン率は期待出来ない可能性があります。ですから予算額は相場事情を、見積もりで確かめる事が第一に行う事となります。
しかし、見積もり額だけで業者を決めるのは、尚早でしょう。勿論、十分な実績がある事・liveでの制作経験、予算内に収まる事も大切です。しかし、ランディングページ作成時に注意したいことは、ユーザー目線で悩み事を解決し、尚且つユーザーのベネフィットを重んじた分かりやすい説明が、コンバージョン率を上げるという旨の、説明が業者からあるか否かです。また、ランディングページにおいて文章作成は短文でも、ユーザーのベネフィットを考えた物が適切であるという旨の、説明があれば安心出来ます。最後に運用スタート後にも相談に乗ってくれるのか等も、コストと共に確認しておきましょう。したがって、前述の条件がクリアー出来ている業者の見積額が、ランディングページの適切な予算と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です