led製品の販促を行うランディングページの予算

東日本大震災に伴う電力危機の発生や電気代の上昇の影響を受けて節電に対する意識が高まりました。普段から使用している照明をledに切り替えるのは合理的な考え方であり、企業では大々的な交換を行ったケースも少なくありません。個人で徐々に導入が進んでいる段階にあります。これを機会に積極的な販促を行って自社led製品のシェアを伸ばしていくという考え方は重要なものです。インターネットで情報収集を行うのが常套手段になった現代社会だからこそ、リスティング広告を代表とするウェブ広告を活用して販促を行うのは合理的でしょう。その際に欠かせないのがランディングページの用意ですが、ランディングページの制作に予算がどれだけかかるかは問題になりがちです。

ledの販促のために初めてのランディングページ制作を行うのであれば予算は多めに用意しておくに越したことはありません。目安として30万円から50万円が制作のためだけに必要と考えておくと無難です。ランディングページをコーディングするだけであれば10万円も必要ありませんが、売れる形に仕上げるためには十分な準備を行わなければなりません。そのためにかかる費用も考慮することが不可欠なのです。

ランディングページではledの蛍光灯や白熱電球に比べてのメリットを訴えかけるだけでは十分ではありません。それはあくまで最低条件であり、確かにledを導入することにメリットがあると感じてもらえなければ購入に持ち込むことは不可能です。しかし、ただledが魅力的だと理解できただけの場合には、他に安いものがあるかもしれないから家電量販店に言ってみようと考えられてしまうリスクがあります。ledを扱っている競合企業は多く、その商品についての市場調査を行ったデータを客観的に分析して、顧客に対してアピール力のあるポイントを抽出して訴えかけなければならないのです。第三者の視点からそれを効果的に行えるようにコンサルティングを行ってくれる業者と相談をしながら制作を進めた方が高い効果を期待できます。そのコンサルティングの費用も考慮し、デザインをしてもらうためにかかる費用も勘案するとおよそ30万円から50万円が相場です。競合が多いからこそデザインは入念に考える必要性が高いので、ランディングページの制作会社に協力を依頼するのが賢明と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です