ランディングページには1ページ型という特徴がある

利益率の高いランディングページを作るには、まず通常のWEBサイトとの違いを理解しておく必要があります。一般的にWEBサイトには複数のページがあり、ページごとに詳細情報が分類されて記載されています。ターゲット層の幅も広く、カタログ的な印象があります。一方、ランディングページは1ページ完結型なので、ユーザーは下までスクロールすることで、順番に情報が与えられます。ターゲット層は絞り込まれ、親しみある文章によって1対1の対話感が生み出されています。広告的な機能が強く、訪れる人も初めから購入意識をもっていることが多いというのも特徴です。その他、リスティング広告の受け皿としての機能もあります。さらにWEBサイトはフォーマット通りに作られ、フォントサイズを統一するのが普通ですが、ランディングページでは離脱を防ぐために適宜フォントサイズやデザインを変えて、退屈させないレイアウトになっています。

またWEBサイトはツリー上の階層構造をもっていますが、一方、ランディングページは1ページのみで作られ、ユーザーのアクションは商品の購入に絞られています。サービスへの申し込みや会員登録の場合もありますが、いずれもユーザーのアクションは、消費行動に結び付いています。そしてプロが魅力的なコンテンツで制作したランディングページは、素人が作ったページよりもユーザーの消費行動が高いことがわかっています。途中で飽きたりせずに、1ページをスクロールし続け、最終的に購入まで誘導するにはノウハウがあります。

さらにランディングページは、作成後にアクセス解析などを行って、最適化することが重要です。この最適化はLanding Page Optimizationの頭文字を取って、LPOと呼ばれることが多く、優秀な制作会社であればLPOまで行ってくれます。またランディングページを初めて作る時には、予算が気になるものですが、相場としては20万円以下がおよそ70%です。ただしこれは制作だけの料金の場合が多く、アフターサービスとしてのLPOは含まれていないことが多いです。また費用が30万円から40万円の場合は、制作後の最適化まで一括して行ってくれることもあります。従って料金だけで決めるのではなく、その制作会社のこれまでの業績や、LPO実績などをしっかり把握しておくことが望ましいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です