ドラクエ11の金策と同じ要領でカジノを攻略します

海外旅行の楽しみの一つに、カジノでプレイをすることがあります。ドラクエ11をするのとは違った醍醐味があります。日本国内では味わえないものだけに、ギャンブルが目的で海外旅行に出かける人もいるほどです。ところで、初めてカジノに行く場合、資金はどれぐらい用意していけばいいのでしょうか。金策を適切に対処しておくことで安心してプレイできることは言うまでもありません。もちろん、どんなゲームをやるのかによっても、また、どれぐらいの時間を費やすのかなどによって、事情は全く異なってきます。一般的に、ルーレットやブラックジャック、バカラをプレイするのであれば、テーブル上に、賭け金の最低額と上限額が表示されています。事業運営側の都合ですが、レートの低いテーブルは数少ないのが現実で、多くの客が集中しますから順番が回ってこないことも少なくありまません。

また、これも一般的な話ですが、観光客を対象としたカジノはレートが高くて、地元地域の住民を対象にしたところは、レートが低めに設定されています。さらに、週末ともなるとレートが上げられるのも事実です。とりわけ、観光客向けの施設ですと、この傾向が顕著にあらわれます。昨今では、ゲームセンターのような感覚で、大人数が一斉に参加できるゲーム機が導入される傾向が目立ってきました。たとえば、ライブバカラやライブルーレットと呼ばれるものです。これらの場合は、かなり低い賭け金で参加することができます。ゲームの流れとしては、ディーラーがルーレットを回してそこに玉を入れるところからスタートします。その場面がモニターに映し出されますので、客はそれを見ながら自分の目の前のタッチパネル式の機械を使って賭けていきます。

このライブカジノの場合、1つので、大小、バカラ、ルーレットの3種のゲームを楽しめる仕組みになっているのが通例です。バカラであれば、3つか4つのテーブルが同時進行します。ゲームを切り替えたいと思ったら、タッチパネルに触れるだけで簡単にできます。ゲームを終わらせたいときは、CASH OUT、あるいはTAKE WINと表示されたボタンを少し長目に押せばチケットが出てきますので、それを両替機に入れて換金することになります。近年、こういったゲームセンター感覚のカジノが急増する傾向があります。新設された大型カジノには、ほぼ例外なくあると見ていいでしょう。ドラクエ11の攻略でも同じことが言えますが、会場に行くまでに情報収集をしておいて、こういった特性を知ってからゲームを選択すると、金策もよりやりやすくなること必至です。