初心者でもタクシードライバーに転職できる?

 

タクシードライバーは未経験でも転職しやすいというのはよく知られていることですが、全くの初心者でもなることが可能なものです。タクシードライバーとして最初から働いている人もいますが、タクシードライバーは異業種からの転職がほとんどで、そのためタクシー会社もタクシードライバーの未経験者であっても受け入れてくれるところがほとんどとなっています。ただしタクシードライバーになるためには資格が必要で、そのような資格を持っていない場合にはスムーズに転職することは難しいものです。第一にタクシードライバーとして働きたいのであれば普通自動車免許を取得していることが大前提になり、さらに対価を得て人を運ぶために必要な二種免許が必要となります。二種免許については誰もが持っているものではありませんから、タクシー会社が取得をサポートをしてくれるところがほとんどです。それと初心者の場合にはタクシードライバーの心得も分かり難いものですから、研修を行ってタクシードライバーとして独り立ちできるようにサポートをしてくれます。

初心者がタクシードライバーで働くためには、やはり車の運転に慣れていることが重要です。運転が十分に習熟していれば、第二種免許を取ること自体はそれほど難しいものではありません。特に第二種免許は自動車学校でも取得することが可能ですから、ハードルそのものはそれほど高くないものです。それとオートマ限定でも取得することができますし、新しいタクシーであればマニュアルではなくオートマのものが用意されているので、運転そのもののハードルは低くなっています。なお、第二種免許を取得していれば基本的には全国でタクシードライバーとして働くことができますが、東京23区とその周辺でタクシードライバーで働く場合には別に地理試験という筆記試験に合格する必要があります。

初心者がタクシードライバーに転職するポイントとしては、タクシー会社のサポート力が大きく影響してきます。普通に暮らしていれば第二種免許を持っているという人はそれほど多くありませんから、その取得に関するサポートやタクシードライバーとして働くための研修内容が充実していることも、将来的にタクシードライバーで働き続けるためには必要なことといえます。業種からの転職は比較的容易なタクシードライバーですが将来的なことを考えた場合には、初心者にも優しいところを選ぶことが大切です。