タクシードライバーは未経験でも転職は可能です

比較的休みの自由度も高く、頑張れば頑張るだけ収入に反映してくるタクシードライバーの仕事に、転職したいと考える人もいることでしょう。しかしこれまでにほかの業種で働いていた場合には、未経験でもタクシードライバーに転職することはできるのかと気になる人もいるかもしれません。しかし多くのタクシー会社は、たとえ未経験であったとしても、未経験者の採用に積極的な傾向にあります。それだけではなく資格取得をサポートしたり、待遇を整えるなど、メリットがたくさんあるといえるでしょう。

一般的にタクシードライバーの仕事は、ほかの業種からの転職者が多い業界となっています。そのためタクシー会社は未経験者を積極的に採用する特徴があり、それだけではなく研修やサポートなどもしっかりと行っています。未経験者が優遇されるのはほかにもあり、大手のタクシー会社となるとオリジナルの研修カリキュラムが組まれ、入社したドライバーには徹底した研修が行われます。経験者の場合には、それまでタクシードライバーとしての経験があり、新しい方針や営業方法など、転職先のやり方を教えるのが難しいケースも多いものです。しかし未経験者の場合には、タクシー業界の知識は真っ白な状態であるため、会社の営業方法なども教育しやすいのが会社側のメリットといなっています。近年では会社によっても、第二種運転免許の取得期間中にもしっかりと賃金を支給する、勤務を始めてから数カ月の給料を保証するなど、手厚いサポートを行う会社が増えてきています。

未経験者がタクシードライバーになるために必要な資格があるのかというと、それは第二種運転免許と呼ばれるものです。通常の普通免許とは異なり、第二種運転面書は乗客を運ぶ目的で運転する際に必要となります。この資格を持っていなければ、ドライバーとしては働くことはできないでしょう。普通免許を取得するときと同じように教習所に通い、学科と実技試験に合格しなければなりません。免許を取得するためには30万円ほどかかるので、これが大きな負担となる人も見られます。しかし費用の一部、もしくは全額を負担する会社もあり、教習期間中も賃金を支給してくれる会社も見られます。このようなことをみると、全く違う気持ちからタクシードライバーへ転職することには、それほどハードルは高くないといえます。未経験からタクシードライバーの仕事をしてみたいと思っている人もいるかもしれませんが、今一度勇気を振り絞って、最初の一歩を踏み出してみるとよいでしょう。