タクシードライバーの転職で最終学歴が重視されないわけ

タクシードライバーへの転職を考えているけど、学歴による足きりがないか心配という方はいるでしょう。一般的に就活では最終学歴をチェックされるのが普通であり、求人票に学歴不問と記載しているのに、実際は学歴を見られていたりします。一方でタクシードライバーの転職においては、最終学歴はほとんど影響しません。タクシーの仕事はお客様をいかに多く見つけて、そして目的地まで安全に届けるかがポイントです。タクシードライバーの最終学歴を見ると高卒が多いですが、大卒や中卒という方もいます。多くの職種では最終学歴が優れているほど、入職時の給料が高くなるのが現実です。これに対してタクシードライバーは、学歴よりも実力を重視されますので、学歴に自信がなくてもまったく問題ありません。

タクシードライバーになるために必須となるのは二種免許だけです。タクシー車両自体は一種免許があれば運転できますが、お客様を乗せて営業するためには二種免許が必要になるのです。ただタクシードライバーになるために、自腹を切って二種免許を取得するのは大変かもしれません。お金をかけずにタクシードライバーに転職したい方は、二種免許の養成制度を用意しているタクシー会社を選ぶのがおすすめです。ただし会社から免許を取らせてもらった場合、最低勤続年数が設定されるのが普通です。そのため遊び半分でタクシードライバーに転職するのは得策ではありません。もちろん自身で二種免許を取得したのであれば、試しに短期間だけ働いてみるという考えはありです。

タクシードライバーに何より求められるスキルは、安全運転をしようという意識です。運転が上手になれば事故は防げると思うかもしれませんが、慣れほど怖いものはありません。自信過剰になるとついつい無理な運転をしてしまう人は多く、初心者のころは無事故無違反だったのに、ベテランになってから事故が増えたという話は少なくないです。運転技術を向上させることは大切ですが、それ以上に安全運転を心がけることが重要です。コミュニケーション能力も円滑に業務を進めるために欠かせません。お客様から指名してもらうには、快適な時間を提供することが必須となります。リピーターになってくれるお客様をいかに増やすかがポイントです。また地理を覚えることも大切で、地域ドライバーをしていた方は転職で有利になります。一方でドライバー未経験の方もタクシー業界に大勢参入していますので、地理が詳しくなくても入職してから覚えていけば問題はありません。