タクシードライバーやバス運転手などのドライバー職への転職を比較してみましょう

タクシードライバーをはじめ、トラック運転手やバス運転手はそれぞれ異なる職業ではあるものの、ドライバー職といった共通点があるのが特徴です。トラック運転手の場合は、荷物などを運ぶ職業であるのに対し、タクシードライバーとバス運転手はお客さんを目的地まで運ぶといった、運ぶモノが異なるなどの違いがあります。いずれも安全運転を心がけるといった基本的なルールがありますが、人を運ぶといったタクシードライバーやバス運転手はお客さんの命を預かる職業でもあり、やりがいある転職先だと考える人も少なくないのです。バス運転手の中でも路線バスの運転の仕事は、決まったルートを走行するため地理に詳しくない人でもすぐに覚えることができます。路線バスの場合であれば勤務時間も決まっていますし、比較的残業が少なく毎日定時で上がることができるなどのメリットもあるわけです。ただし、決められた時間帯で運転をしなければならないので、自由に仮眠や休憩を取ることはできません。

タクシードライバーの場合は、バス運転手やトラック運転手と比べるとメリットが大きいこと、路線バスの運転手の平均年収は400万円前後、タクシードライバーの場合も都内で仕事をしているドライバーは同額ですが、頑張った分だけ自分に還元されるので高額収入を狙えるチャンスもあります。そのため、ドライバー職の中でもタクシードライバーを転職先の仕事に考える人も多いのです。転職先に選ぶ人が多い理由の中には、タクシードライバーは24時間の中で好きな時間を選んで働ける会社もあるので、日中だけ働いて夜はのんびりしたい、自分は夜型なので夜勤だけを希望するなどの働く時間を決めて仕事ができるメリットもあります。

路線バスの運転手の場合は、固定給が一般的ですから収入を上げるためには残業を検討しなければなりませんが、基本的に路線バスでは決められた時間内の業務になるので残業代を稼ぐといったことは難しくなります。その点、タクシードライバーの中でも完全歩合制のところに転職すれば、働ければ働くほど収入が上昇する、都内の平均年収の400万円を超える人も少なくないのです。ただし、歩合制は固定給とは異なり仕事をさぼれば収入はゼロに近づいてしまうデメリットはありますが、やる気のある人であれば年収500~600万円はざらにいる、稼いでいるタクシードライバーは年収800万円を超えていて、中には年収1,000万円を稼ぎ出しているドライバーさんもいるといいます。