転職の際に知っておきたいタクシードライバーの生活

今の仕事を辞めてタクシードライバーに転職したいと考えている方はいるでしょう。タクシードライバーの生活は、他の職業と比べても不規則な物となりがちです。転職したいと考えている方はタクシードライバーの生活を知っておくと役に立つかもしれません。タクシードライバーの勤務の仕組みとしては、隔日勤務という勤務体系を採用している会社が多く見受けられます。隔日勤務は一階の勤務時間が15時間から21時間程度の勤務体系です。その中でも朝の8時から深夜2時までといった勤務時間である会社が多く、一日の中で3時間程度は休憩時間が設けられています。一日の拘束時間は長時間となりますが、深夜に仕事を終えたその日は明けとして休むことが出来ます。出勤日と明けを繰り返して勤務に当たりますが、通常の公休もあるため会社によっては月に17日から18日程度が休みという所もあります。

タクシードライバーの生活は勤務時間が長時間になる反面、休日も多く与えられます。一日の拘束時間が長いため体力なくては務まらない仕事です。休日には心身の疲れが取れるようにリフレッシュして過ごしましょう。また、忘年会や新年会を始め、土曜日や日曜日などの休日には飲み会が開かれることも多く、タクシーの需要が高まります。そのため、土曜日や日曜日などに休みを取ることが難しい場合もあります。しかし、忘年会などのシーズン以外の時には、他の運転手との調整をしながら有給休暇をとることも可能です。しっかりと休める環境がある業界だと言えるでしょう。

勤務中時は会社から営業に出かけると、基本的には自分で考えて仕事をするようになります。街中を走りながらお客さんを探したり、駅やホテルなどのタクシー乗り場で待機したりしながら、なるべく多くのお客さんを乗せられるように努めます。休憩時間はお客さんの状況や仕事の状況によって自由に定めることが可能です。お客さんが多く乗る日もあれば、なかなかお客さんが見つからない日もあり、日によって変化が楽しめるでしょう。お客さんの目的地によっては走る場所やルートも変わるため、慣れるまではある程度の時間と経験が必要になるでしょう。タクシードライバーは一日の拘束時間が長い反面、休日も多くあります。勤務中の自由度も高いため転職したいと考えている方にとって魅力的な業界だと言えます。しかし、タクシー会社によって特徴や勤務体系は違うため、自分の条件と合う所を見つけるためには確認が必要でしょう。