タクシードライバーの転職をするならきつい条件を避けよう

タクシードライバーの仕事を経験したことのない方は、楽な仕事だという印象を抱いていることが多いようです。クルマを運転するのが好きだから苦痛にならない、一人仕事なので気楽に働けるなどが主な理由ですが、実際に転職したらきついと実感する人が少なくありません。

きつい理由を聞いてみると、勤務時間の長さを挙げる人が多いです。1回の業務の拘束時間は基本的に16時間になりますので、2日分の勤務時間となります。1日8時間の日勤業務に慣れている方だときついと感じてしまうようです。

ほかにも収入の問題があり、歩合制のため安定しないという話が多いです。歩合制は頑張った分だけ収入に直結するのでモチベーションが上がるという人がいますが、一方で稼げる月・稼げない月の差が激しくてきついという声も聞かれています。

タクシードライバーを長く続けるなら、長く働ける職場に転職しましょう。タクシーの転職エージェントなら、希望に合った職場を探してくれます。タクシードライバーに入職する前は、簡単な仕事だと考えている方が多いですが、想像と現実には大きなギャップがあります。見ず知らずのお客様の相手をするのが疲れるという方もいるのです。地理をよく把握していない方だと、目的地を告げられても場所がわからないケースもあるでしょう。
お客様からのクレームの問題もあり、きついという理由で短期間で退職する方もいます。タクシードライバーは向き不向きがはっきりしており、向いている人には天職になりえますが、不向きな人にとっては想像以上にストレスが溜まる仕事です。過度のストレスを感じると集中力が低下するなど、運転にも影響してきます。

一方できついという悩みは、転職すれば解決する場合があります。タクシードライバーの勤務形態は職場によりかなり違ってきますので、働きやすい職場を見つけて転職しましょう。従業員の働きやすさを第一に考えてくれる会社だと、日勤に対応してくれたり、長期休暇を用意してくれたり、好待遇で働くことができます

タクシードライバーの仕事がきついという方は、何がきついのか明確にしてみましょう。夜営業が苦手という方なら、昼限定の勤務に変更してもらう方法もあります。ゴールデンウイークやお正月はしっかりと休みたいという方は、連休を取れる会社がおすすめです。一方でお客様との会話が苦手であるなど、コミュニケーションスキルに関する問題は自身で解決するべき課題ですから、自分でスキルアップを目指す必要があります。